輸入ビジネスをカタチにする原動力

輸入ビジネスに興味を持つキッカケは

それぞれ違うと思うのです。

今よりもう少しだけ豊かな
暮らしがしたい。
家族を幸せにしたい。

自分も家族も今よりもうちょっと
だけ美味しいものを食べて、
毎日笑って、笑顔で過ごせる
『ゆとり』ある生活がしたい。

子供にも十分な教育を受けさせて、
将来の夢を叶えてあげたい。
しっかりとした英語教育を施して、
将来はグローバルに活躍する人材
に育てたい…

これって立場は違っても、
私たち全員の『ささやかな?』
願望ですよね。

大した贅沢はしなくてもいい、
けど今よりもうちょっと収入が欲しい。
大きく儲けようなんて思ってない、
リスクは取りたくないから。

でも、やっぱりリスクを負わずに
今よりも収入UPする何か良い方法
ないかなぁ…
長年ずっと、こんな風に思いながら
何も行動に移せていない人
結構多いと思います。
むしろ、何らかの行動を起こした
人の方が珍しいかもしれません。

「輸入ビジネス」と聞くと、
大抵の人は自分には関係ない
そんな大きなリスクは負えない
そんな資金力はない
失敗したらダメージが大きすぎ
分からないことだらけで無理でしょ…
と反応すると思います。
でも本当にそうなのでしょうか?

私たちの生活の中に溶け込んでいる
多くのモノは海外からの輸入品です。
あまりに当たり前すぎて、
目の前のモノがどこで製造されて、
どこからやって来たのかすら
深く考えないと思います。

つまり、それくらい沢山の輸入品が
日本市場に溢れ、
沢山の人が輸入ビジネス(貿易)に
関わっているのです。
だから、全く他人事ではなく、
誰でもチャレンジできる身近なものなのです。

私は、かつて社員数10数名の
小さな田舎の商社から
社会人としてのキャリアをスタートさせました。

その中で、海外とのやり取りに
関わっていたのは、社長ただ1人。
しかも、その社長も超カタコトの
英語しか話せませんでしたが、
なぜか海外企業との直接取引の
ビジネスが成立するという不思議な
経験をしました 笑

正直、今でも不思議です。
当時は翻訳ソフトもなく、
通訳も介さずにどうやって意思疎通を
図っていたのか。
ほんと、不思議なんですよね。

きっと、熱い想いと情熱と
強いハートが原動力だったのでしょう!

もし、輸入ビジネスに興味を
持ちながら、一歩を踏み出せて
いないのであれば、
きっとこの熱い想いや情熱よりも
不安や恐れの方が勝っている
のだと思うのです。

でも、不安や恐れは知識と正しい
情報で克服することができます。

もし、知識や情報がないことが原因で、
輸入ビジネスに不安を感じ
行動に移せないのであれば、
周りに助けを求めることによって
簡単に解決することができるのです。

それよりも、輸入ビジネスを
カタチにするための熱い想いと情熱
つまり原動力を維持して
実際に行動に移すことの方が
ほっぽどエネルギーが必要だと
思うのです。

もし、エネルギーが切れそうに
なった時は、いつでも補充しますので
頼って頂けると嬉しいです。

 

 

■■無料ダウンロード資料のご案内■■

日本未発売商品の発掘から交渉&契約まで20年以上に渡り海外ビジネスに携わってきた私が、これまでに蓄積した経験や知識、ノウハウを完全公開した

『高収益だからこそ輸入ビジネスは楽しくなる! 実践交渉マニュアル A to Z』を無料でダウンロードして頂けます。

IT技術の進化により、何時でも、何処でも、誰でも、求める情報を簡単に手に入れることが可能になり、世界との距離がグッと縮まりました。

そのため、今までは参入のハードルが高く、商社や大手企業、もしくは海外事業部を有した中小企業しか実現できなかった輸入ビジネスを、個人が行える時代になりました。

輸入ビジネスをこれから始める方、もしくは既に初めていらっしゃる方を対象に、個人でも高収益な輸入ビジネスを実現するための方法に加え、更に輸入ビジネスで成功するために予め知っておいて欲しい情報についても詳しくお伝えしていますので、是非ダウンロードしてして下さい。

お名前とメールアドレスを入力するだけですので、手続きは簡単です。