海外企業から返事が来ない時のベストな対処法

海外企業と取引をしていると

色んなハプニングがあります。

 

ある日突然、連絡が途絶えるなんてことも

日常茶飯事。

なぜなんでしょうね? 本当に不思議です。

 

特に、国内取引とは違って

言葉の壁が立ちはだかり

さらに文化も商習慣も違うことから

心理的&物理的な距離感があります。

 

だから、残念ですが日本の当たり前や

常識は全く通用しないんですよね。

 

先日も、オートバイのアクセサリーパーツを

輸入しているクライアントの案件で、

もう長い間取引をしている

アメリカの企業なのですが

何度メールをしても返事がありません。

 

普通、取引先からメールが来たら

すぐに返事をしますよね?

 

何度もメールを送っても音沙汰なし。

もしかしてコロナ禍で倒産したのでは…

とよくない想像をしてしまいました。

 

なぜなら、過去の海外企業との取引において

何度連絡しても返答がなく

音信不通になった…と思ったら

知らない間に倒産していたなんて事件を

過去に二度も経験したからです。

 

冗談かと思うかも知れませんが、

本当に取引先の倒産をインターネットで

知るコトになるのです。

 

国内取引だったらすぐに状況を確かめに

現地に飛んで行けるのですが、

海外だとそれも簡単にはできません。

特に今はコロナ禍ですので、

国境を越えることすらできない状況です。

 

今回も、嫌な予感がするなぁ…

と正直思いました。

 

こういう時、どう対処するかと言うと

取引先にすぐに「電話」することです。

 

アナログ的なやり方ですが、

相手からのメールを待っているだけでは

いつまで経っても返事は来ません。

だから、電話で返事を催促するのです。

担当者の携帯電話に直接電話!

これが一番手っ取り早くて効果的です。

 

でも、英語で電話するって

なかなか心理的ハードルが高いんですよね。

 

メールでコミュニケーションは取れても

電話で話せない。

オンラインで会議ができない…

 

これ、個人事業主でも企業でも

同じ悩みを抱えているんです。

だから、ついつい返事を待ってしまう。

 

ただ残念ながら、

これではスピーディーに問題を解決する

ことは出来ず、ストレスが溜まるだけです。

 

商談であれば、モタモタしている内に、

独占販売権を他社に先に奪われる

可能性も十分あり得ます。

奪われたら最後、諦めるしかありません。

時間やタイミングというものは

それくらい大切なのです。

 

ちなみに、交渉にはリズムというものがあります。

相手の気持ちが乗っている時に

一気に畳み込む。

このタイミングが伸びたり

上手く噛み合わないと

相手の気持ちもトーンダウンしてきます。

 

交渉において、このお互いの温度感、

つまり肌感覚はとっても大事です。

 

いつ来るか分からないメールを

じっとひたすら待ち続け、

みすみすチャンスを逃すよりも、

ちょっと手に負えないと思ったら

なるべく早い段階で交渉役を交代するのも

大事な経営判断です。

 

自分が一番良いと思った輸入商品を

一番良い条件で取引したいと誰もが思っています。

そのためには、少しでも方向性に

迷いや不安があったり

交渉に行き詰まりを感じた時は、

すぐに一緒に戦略を練って

交渉を前に動かしてくれる人を頼って下さい。

 

ちなみに余談ですが、

1週間以上連絡が取れなかった

アメリカ企業に電話してみたところ、

コロナ特需で忙しすぎて

メールの対応が追いついていなかった

のがNo replyの理由でした。

 

日本ではあり得ない回答ですが

まぁ、こんな海外企業のワガママっぷりは

よくあることです。

 

どうやらアメリカでは、コロナ禍により

ソロもしくはタンデムで楽しめる

オートバイの売上が好調らしいです。

確かに、アメリカの広大な土地を

バイクで走るのは、密とは程遠いですしね。

 

とりあえず、倒産じゃなくて良かったです(笑)

 

 

そして、これから輸入ビジネスを始めたい方に

嬉しいお知らせです。

 

素人でもスモールビジネスでも

しっかり利益が出せる!

『輸入商品の選び方』について

ワークを交えながら分析し、

体系的に学ぶことができる

輸入ビジネス基礎セミナーを開催します。

 

私の場合はどうなんだろう…という

疑問にもその場でお応えしますので

ご興味ある方は是非ご参加下さい。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

開催日時: 2021年4月2日(金)19時~21時

開催場所: Zoom オンライン

参加費用: 無料

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

輸入商品の選び方 セミナー