『フロー型』x『ストック型』最強のビジネスモデルを可能にする輸入ビジネス

もっと安定的に稼き続けたい!

景気や環境に左右されない安定した経営がしたい!

 

と誰もが考えるのは、この時期当然のことですよね。

 

昨今のコロナ禍の影響で

売上が激減し、経営危機に直面すると

安定した売上ほど

心に平和をもたらしてくれるものはありません。

 

実は私も、起業してからずっと

毎月の売上の凸凹をどうやったら均すことができるか、

毎月安定的に売上げを作ることができるかを

考え続けていました。

 

収入の柱の数を増やせば安定するのだと思い

今までキャッシュポイントを増やす

活動を続けていたのですが

コロナ禍のような世界中の経済全体に

大打撃を与えるような場面では

単純にキャッシュポイントの問題だけではない!

と感じました。

 

そこで、自分の視点を

少し変えてみることにしました。

 

そうすると今まで見えなかった

面白い情報やアイデアがどんどん

目に飛び込んでくるんですよね。

だからちょっと情報をシェアしたいと思います。

 

私は最近、『フロー型』『ストック型』

ビジネスモデルという言葉を

見聞きすることが多くなりました。

 

『フロー型』というのは、

その都度商品を販売したり、

仕事を請負う単発型のビジネスモデルです。

例えば、輸入商品をネット販売したり、

転売したりして利益を上げること。

 

私の場合ですと、

翻訳や通訳のお仕事やセミナー講師

を請負うことです。

 

このビジネスモデルは、

売上の増減があるとはいえ

比較的利益率が高いビジネスが多いのが特徴です。

 

対して、『ストック型』というのは、

仕組みを作ることで継続的に利益を上げる

積上型のビジネスモデルです。

 

例えば、携帯電話代やアプリの毎月の課金、

士業やコンサルタントなどの顧問契約などが該当します。

 

あと、NetflixやAmazonプライムなど

今流行りのサブスクリプション(サブスク)や

オンラインサロンの会費などもこれに当たります。

 

リピートが前提のビジネスで、

一回販売すれば後は安定的に収益を

上げ続けることができますが、

比較的利益率は低く、

短期間で大きな売上が上がるものではありません。

 

特許権や商標権、ノウハウなど

何か特別なリソースやインフラを持っているわけでも、

有名人でもない、

大きな影響力を持たない一般人の私達が

ストック型のビジネスで売上を上げるには

相当な時間と労力を投資する必要があります。

 

そして、どちらのビジネスモデルも一長一短。

 

今すぐ売上が必要な場合は、

フロー型となるでしょうし、

膨大な時間や労力を投資してでも

長期的に安定した売上を作りたい場合は

ストック型となります。

 

そして実は、もう1つ選択肢が存在するのです。それは、

 

『フロー型』 X 『ストック型』

 

2つのビジネスモデルを掛け合わせ

コンビネーション型です。

 

まずは、『フロー型』で短期的に利益を確保し、

それと同時進行で『ストック型』ビジネスの

準備を着々と進める。

これ、確かに最強ですよね。

 

ただ、一人で成し遂げるには

ものスゴい活動量とモチベーション

を維持する必要があります。

 

正直、私はこの両輪を

一人でコントロールして両立させる

自信はありません 汗

 

ところが最近、片輪だけでも十分成立する

輸入ビジネスを見つけたので

事例として紹介しますね。

 

以前にブログでも紹介したのですが

最近、我が家ではイタリアのELITE社製

『スマートトレーナー』

(自宅でサイクルトレーニングができる装置)

を購入しました。

 

これにより、自宅にいながら

自分のロードバイクを使って

いつでもトレーニングが楽しめます。

 

しかも、Bluetoothで「Zwift(ズイフト)」という

トレーニングとゲームを融合させたアプリに接続すると

バーチャルリアリティなライドが体験できます。

 

「Zwift(ズイフト)」ライドアプリでは、

世界中のバーチャル・ライドコースを選択でき

コース中の坂の勾配に連動して

自動負荷調整が作動するので

実際に坂道を上り下りしているような

リアルな走行が体感できます。

 

さらに、世界中の他のユーザーと一緒に

ライドを楽しめたり、競争したり、

レベルアップするとウェアや自転車の

装備をアップグレードできたりと

ユーザーを飽きさせません

 

ちなみに、この「Zwift」は

月額1,500円(+税)で使い放題!

典型的なサブスクリプションの

『ストック型』ビジネスモデルとなっていて、

その日走行できるコースも異なるので、

いつでも新鮮な気持ちでトレーニングが楽しめます。

 

 

勿論、『スマートトレーナー』単体でも使用でき

いつでも自分のロードバイクを使って

室内トレーニングが可能になりますが、

面白さや新鮮さ、モチベーションをキープできるかと言うと

単体ではちょっと難しいですね。

 

そして、一度購入すれば

ずっと使い続けることができるため、

商品の購入にリピート性はありません。

スマートトレーナーの販売は

『フロー型』のビジネスと言えます。

 

そこで、ストック型ビジネスのZwiftアプリと

フロー型ビジネスのスマートトレーナ―を

掛け合わせることで、

お互いの商品の魅力を引き出し、

相乗効果を発揮しているという訳です。

 

ちなみに、スマートトレーナ―を

製造するイタリアのELITE社と

アメリカのZwift社は全くの別の会社です。

 

つまり、全く別の会社が生み出す

片輪だけのビジネスモデルを

掛け合わせて、互いに

商品の付加価値を高め合っています。

 

こういうビジネスは強いですね。

そして、アイデア次第で掛け合わせ自由自在。

 

輸入ビジネスでは、このような

国をまたいでのコラボレーション

全く異なる2つの技術やアイデア、

ビジネスモデルを掛け合わせた

とっても面白い、魅力的な商品を

輸入元として日本に紹介することができます。

 

しかも、自分で開発・製造した商品でなくとも

他人のリソースを使って

オリジナリティの高い商品が確保でき

無限の可能性が広がります。

これが輸入ビジネスの一番の魅力です。

 

 

昨今、コロナ禍の影響で

従来のビジネスの在り方やビジネスモデルを

見直す流れが加速しています。

 

ちょっと視点を切り替えて

今のうちから世界中をリサーチする

旅に出掛けませんか?

 

勿論、実際に旅に出掛けるのではありません。

入国禁止でどこも鎖国状態ですから…笑

 

現代のIT技術を駆使して、インターネットやSNS、

オンラインでの海外ビジネスマッチング等を活用して、

世界中のビジネスを覗いてみて下さい。

 

世界の経済は停止しているように見えて

水面下では着実に動いています。

そして新たな時代に向けて

大きく変化しようとしています。

きっと新たな閃きやアイデアなど

輸入ビジネスの種を見つけられるハズです。

 

輸入ビジネスの種

 

時間に余裕がある今だからこそ、

もっと安定的に稼ぎ続けられる

輸入ビジネスの種をしっかり探しましょう!

 

もしこれから輸入ビジネスを始めたい、

もしくは新たな輸入商品を取扱うための

準備を開始したい方は、

輸入ビジネスの基本的な考え方や

メーカーとの交渉方法を丁寧に説明した

こちらのマニュアルをダウンロードすることを

お勧めします。

 

輸入ビジネスで失敗しないためにも

まずはマニュアルをしっかり読んでから

新たな取り組みに着手して下さいね。

 

 

輸入ビジネスを始めたい初心者

輸入ビジネス交渉実践マニュアル