輸入ビジネスを始めるのに一体いくらお金が必要?

輸入ビジネスを始めるのに
一体いくらのお金が必要ですか?

 

いつかは輸入ビジネスを始めてみたいけど、
どれくらいの資金が必要か分からないから
一歩を踏み出す覚悟ができない方
とっても多いです。

 

本来、自分のビジネスの予算も
どれくらいの規模で始めるのかも
どんな商品を扱って
どれくらいの売上を作るかも
全て自分で決められることです。

 

逆に、自分以外に誰が決められますか?
なぜか、『輸入ビジネス』や『海外』などの
壮大なキーワードが加わると、途端に
ビジネスの最重要ポイントを見失ってしまうのです。

 

私は商社勤務時代、TVショッピングや
カタログ通販、量販店等で
「大量に売る」ための商品を
海外市場で発掘しては日本に初上陸
させる輸入のお仕事をしていました。

 

特にTVショッピングでは、
1分間で何個売れているか、
どんなキーワードに視聴者が反応するか、

 

TVでどんな見せ方をしたら即オーダーにつながるか、

 

こんなことがリアルタイムで
常に計測されていて、
1時間で何千万円、何億円もの
売上を作るビジネスでした。

 

まさに『たくさん売る』ために、
比較的万人受けする商品開発がメインでした。

 

商品は当然オンエア前に仕入れて
TVショッピング会社の倉庫に
納めているため、
もう、毎回ドキドキでした。

 

売れなければ大量の在庫の山です(汗)

個人やスモールビジネスがこれから
輸入ビジネスにチャレンジ
するにあたり、いきなり何千万、
何億円規模のビジネスを
狙いますか?

 

いやっ、『狙えますか?』が正解ですね。
間違いなくそこじゃないですよね。
いきなりそんな大きなリスク取れないし、
そもそも商品を調達する資金が足りない。

 

この、大企業や中小企業が狙う
大きな市場と、個人やスモールビジネス
が狙うべき市場とは
分けて考える必要があります。

 

このポイントを混同してしまったら、
輸入ビジネスにはリスクが高い、
資金がない、怖い、よく分からない等
『不安要素』しか残りません。

 

だから私は、個人やスモールビジネスは
あえて『大量に売れない』ニッチ市場
を積極的に狙って行くことが
ビジネス成功への近道だと思うのです。

つまり、趣味・嗜好性の高いニッチ市場です。
ディープで市場規模が小さいが故に
個人やスモールビジネスでしか
ニーズに対応できない市場。

 

大手や中小企業も手を出さないから
熾烈な価格競争に巻き込まれることもない。
まさに、ブルーオーシャン!

 

ちなみに、
==============
安さ = 物量
==============
という原則があります。

個人やスモールビジネスは
物量では絶対に大企業には敵いませんから
絶対に『安さ』で勝負してはいけません。

 

そこにハマると泥沼です。

 

かつては
『良いものを、安く、大量に販売する』
ビジネスモデルが主流だった時代もありました。

 

ところが、今では人とは違う個性、
特別感や差別化、パーソナライゼーションが
注目され、高い評価を得ています。

 

きちんと価値が理解されているから
価格競争もそこまで激しくない。

 

まさに、個人やスモールビジネスが
勝負しやすい市場環境が
整ってきていると思うのです。

本来、大企業や中小企業が狙う大きな市場と、
個人やスモールビジネスが狙うべき市場
は全く異なるのです。

この点をきちんと理解していれば、
輸入ビジネスを始めるのに
必要以上の資金を準備する必要もなく
リスクに対する恐怖心を抱くことなく
新たなビジネスに取り組む覚悟ができます。

 

個人やスモールビジネスが参入すべき
輸入ビジネスは、断じて
ギリギリ&MAXの予算で
少しでも安く仕入れるために
1円でも安いメーカーから
大量に仕入れて在庫リスクを負う
ビジネスであってはなりません。

 

それよりも、
自分の予算に合った
自分の好きな商品を輸入して
1円でも高い利益を確保できる
自分サイズのビジネスを展開すること

 

予算、商品、利益、ビジネスの規模も
全て自分で決めることなんです。
そして、このバランスがとっても大事です。

 

balance2.jpeg

 

もし、いつかは輸入したいと
ぼんやり思い描いている商品がある場合、
その商品がしっかり利益の出せる
『輸入ビジネス』につながるのか?
気になりますよね。

 

そこでこの度、沢山の方からのご要望にお応えして、
素人でもスモールビジネスでも
しっかり利益が出せる!
『輸入商品の選び方』に関する
セミナーを開催致します。

 

ぼんやり思い描いている商品を
ワークを交えながら分析し、
自分なりの答えを導き出す
輸入ビジネス基礎セミナーとなります。

 

ご興味ある方は是非ご参加下さい。

 

輸入商品の選び方 セミナー