輸入ビジネスは「みんなと一緒」では上手く行かないワケ

例えば、皆さんの既存のお客様に

今よりさらにお役に立つ

ワクワクするような

目新しい商品をご提案したことで

喜んでもらえたら、ものすごく嬉しいですよね。

 

しかも、それがまだ日本には存在しない

とてもユニークなもので、

自分だけが扱える特別な商品だったら

どうでしょう?

 

そんな素晴らしい商品があるなら、

ぜひ取扱いたい!

って当然誰でも思いますよね。

 

お客様に喜びをお届けしながら

既存のビジネスを成長させるには

今あるものだけではなく、

やはり新しい何かが必要なことは

経営者であれば誰もが感じていることです。

 

でも現実的には、

そんな特別な商品に出会えたら嬉しいけど

実際に自分がGETできるワケないし、

そんなチャンスは巡って来ない

と多くの人が諦めています。

 

でも諦めたら終わり。

新たな可能性を諦めてしまったら、

従来の国内市場に広く流通していている

誰でも簡単に仕入調達できる

既存の商品や商材で勝負せざるをえません。

 

これは、皆が同じようにやっているから

一見リスクが低い安全なビジネスに見えます。

 

でも、これからの時代、

みんなと一緒=リスク

だと思う方が健全だと思うのです。

 

なぜかと言うと、

市場に溢れている、よくあるもので

みんなが取扱っている商品であれば

確実に価格競争に巻き込まれます。

 

価格競争になった時点で

利益が削られていき、今後

絶対に利益を増やすことはできません。

価格は下げたら最後、もう元に戻すのは

よほどの理由がない限り無理でしょう。

 

では、この状況がツラいのはみんな一緒…

だから「仕方ない」と思えますか?

 

もし思えるとしたら、残念ですが

それは沈没船に乗っているのと同じです(笑)

 

そこで私は思うのです。

生き残りをかけて、新たな道を切り開くカギは

「みんなと一緒」をやめることであり、

みんながやらない、できないことに

挑戦し、取り入れることにあると。

 

つまり、みんなが自分には無理だと諦めている

『まだ日本には存在しない、とてもユニークで

自分だけが扱える特別な商品』

を自分で確保できれば、確実にみんなより

一歩も二歩も前に出ることができます。

 

 

 

そして、そんなウルトラCを可能にする

最も近道が輸入ビジネスと言えます。

但し、輸入ビジネスと言っても

その手法は様々です。

 

誰でも簡単に始められて

チビチビと利ザヤを狙う越境ECや転売も

輸入ビジネスですし(そもそも、この手法では

自分だけが扱える商品ではありませんが…)、

商社や大手企業等が独占販売権を獲得して

大規模に事業展開する輸入貿易も

輸入ビジネスと言えます。

 

どちらの手法がより有利かと言えば、

当然、後者(商社や大手企業)の手法です。

そして、これは誰でも簡単にマネできる

ものではありません。

 

でも、これができたら圧倒的に有利

どころか市場を独占できますよね。

 

つまり、「みんなと一緒」をやめた先に

ビジネスチャンスが広がります。

 

もし、大手や商社の手法で挑戦をしてみたい

と思われるなら是非ご相談下さい。

独占販売権を獲得するための

ステップを個別にお応えします。

 

また、「みんなと一緒」ではなく

大手や商社の手法を取り入れて

利益率を最大限まで高めるための

手法が学べるセミナーを開催致します。

 

どんな輸入商品で、どう進めれば

利益率の高い輸入物販ができるのか?

 

そんな疑問に対して、ワークを交えながら

体系的に学ぶことができる

輸入物販ステップアップ講座を開催致します。

 

今よりも飛躍的に利益率をUPさせたい、

この先何十年も続けられるビジネスへと

本質的にステージアップさせたい方など

ご興味ある方は是非ご参加下さい。

 

お申込はこちら↓↓↓

 

高利益率で輸入物販ステップアップ