知らなかったでは済まされない! 個人輸入のルール

 

海外からの輸入って思った以上に簡単!

 

すでに海外せどりや転売、

越境ECを始めている方は、

きっとこのように感じているかも知れません。

 

そうなんです。

海外、貿易、輸入って聞くと

とってもハードルが高く感じますが、

実際のところ海外オークションサイトや

ネットショップ等から商品を

輸入すること自体は超簡単です。

 

昨今は、かなり優秀な翻訳ソフトもあり、

多少英語が理解できて

クレジットカードや電子決済を利用すれば

誰でも簡単に海外から商品を輸入

することができます。

 

よほど規制が厳しい商品や

大量の貨物でない限り、

特に何か手続きや届出をしなくても

貨物は普通に皆さんの手元に届けられます。

 

でも、その貨物はきちんと日本の

法律やルールに則って

適正に輸入されたものかどうかって

考えたことありますか?

 

きっと大半の方は

「多分、大丈夫」と思っています。

 

特に、税関で貨物が止められたり

廃棄されたワケでもなく、

国内配送と同じように

普通に海外から荷物が届いたから

特に問題ないと思うのも当然でしょう。

 

ところが、海外から皆さんの手元に

荷物が届けられるまでのプロセスは

一見簡単そうにみえますが、

実は意外に複雑で

沢山の施設でチェックを受けています。

 

 

【輸入までの大まかなプロセス】

 

輸出通関(海外)

 ⇓

貨物到着(日本)

 ⇓

保税倉庫に入庫

 ⇓

輸入申告

 ⇓

輸入許可

 ⇓

指定の住所へ配送

 

となります。

この流れの中で一番キモとなるのが

輸入申告です。

 

実は、輸入には

個人輸入商用輸入の2種類があります。

 

 

個人輸入と商用輸入の違い

 

これ、よく誤解されるのですが、

個人が輸入するから個人輸入と

なるワケではないんです。

 

例えば、個人が自分のためだけに

使用または消費するという場合は

個人輸入となります。

 

でも、個人が個人使用ではなく、

他者へ販売したり、誰かにあげたり

配布する目的で輸入する場合は、

たとえ少量であっても

個人輸入ではなく、商用輸入となります。

 

つまり、個人輸入と商用輸入の線引きは、

誰が輸入するかではなく、

輸入の目的が自分のためか

他人のためか、ということになりますね。

 

知らず知らずのうちに

せどりや転売する目的で購入した

商品を「個人輸入」として輸入していませんか?

 

これ、実は違法です。

このルールを知った上で、

個人輸入をしているなんてのは

もう論外ですが、

海外から普通に貨物が届いたから…と、

どういう輸入通関がなされているのか

把握していない方は特に要注意です。

知らず知らずの内に法を犯している

可能性があります。

 

 

これ、なにが違法なのかと言うと、

関税」を適正に納めていない

ということになるのです。

 

海外から商品を輸入する場合、

原則として商品に対して関税が

課されることになりますが、

個人輸入と商用輸入では

「関税」を算出する計算式が違うのです。

 

個人輸入では、

海外の小売価格に60%を掛けた

金額に対して関税が課されるのですが、

商用輸入では、

海外の卸価格(+送料等)に対して

関税が課されます。

 

例えば、インボイス価格が同じ

100,000円で関税率10%の商品で

あった場合:

■個人輸入

100,000円x60%x関税率10%

=6,000円(関税)

 

■商業輸入

100,000円(送料込み)x関税率10%

=10,000円(関税)

 

同じ100,000万円のインボイスでも

輸入手続きによって納める関税が

4,000円も違ってくるんですね。

 

ですので、販売目的で商品を輸入する

場合は、最初からきちんと

商用輸入で手続きをして適正な関税を

納める必要があります。

 

ただ、現実問題として

輸入数量が少なかったり

少額だったりすると

個人が使用すると見なされて

勝手に(というと語弊がありますが…)

個人輸入として扱われるケースが多いです。

 

こういう問題を事前に回避するには、

通関手続きをする通関士が、

商用輸入だとちゃんと分かるように

インボイス上に

「For Commercial Use(商業用)」と

明記しておくと良いですね。

 

ちなみに、課税対象となる金額が

1万円以下の場合は、関税・消費税

は免除されます。

 

つまり、インボイス価格が

16,666円(x 60% = 9,999円)の

個人輸入に対しては関税・消費税が

掛かりません。

※酒、たばこ除く

 

輸入は簡単!だと思ったら、

実はかなり複雑で、沢山の細かい

ルールが存在します。

 

故意ではないにせよ、

知らず知らずのうちに違法行為を

している可能性もありますし、

後から知らなかった(驚)!では

済まされない場合もあります。

 

もし、今までこういった

輸入の深い部分まで理解せずに

輸入ビジネスを始めていたら

要注意です。

 

これから輸入ビジネスを事業規模に

拡大させたいと思ったら、

まずは自分のやり方が適正なのかどうか

一度しっかりと見直して、

守りを固める必要がありますね。

 

自分は大丈夫なのかな?と思ったら

是非、専門家にご相談下さい。

 

また、これから輸入ビジネスを事業規模へと

ステージアップさせるために

しっかりとした基盤を構築したい方、

更に利益率を高める方法が知りたい方は

是非こちらのマニュアルをダウンロード

することをお勧めします。

 

私のこれまで20年間に渡る海外ビジネス

キャリアの中で蓄積した『高収益』な

輸入ビジネスを実現するための

ノウハウを徹底解説しています。

 

まずはこちらを読んでみて下さいね。

輸入ビジネス交渉実践マニュアル

 

 

また、これから独占販売権を取得して

長きに渡り安定した輸入ビジネスの

仕組みを構築したい場合は、

是非こちらのセミナーにご参加下さい。

 

高い利益率が確保できる商品の条件や

継続的なビジネスを構築するために

必要な要素など、

しっかりと利益を出している

貿易会社や商社が取り入れる手法を、

ワークを通じて体系的に学ぶことができます。

 

特別無料のセミナーとなっておりますので、
ご興味ある方は是非ご参加下さい。
お申込はこちら

 
高利益率で輸入物販ステップアップ